×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブティックホテルについて

ルナ・コーストというブティックホテルの魅力

ブティックホテルは、札幌から渋谷、そして新塾といった東京に、さらには横浜や池袋といった場所にまで存在しているホテルです。このブティックホテルと呼ばれているタイプの中でも、例えば、北海道は小樽市にあるブティックホテルでは、最大級のオーシャンビューを見ながらホテルに宿泊することができるようになっています。
札幌などから、小樽市に訪れてみれば、このブティックホテルのルナ・コーストで、最大級の眺め、ホテルの品質を満喫していくことができるでしょう。
このブティックホテルは、品質も、ホテルのデザイン性も非常に優れている事もあって、訪れる人を、有が勝つ、不思議な感じにさせてくれます。何よりも、モダンなデザインと、海の中を意識したかのような雰囲気が、ブティックホテル、ホテルルナ・コーストを特異的なものにしているのではないでしょうか?
札幌を中心にしてブティックホテルを展開させている一つとして、ミグホテルズは、小樽に、ルナ・コーストというブティックホテルを展開しています。

ブティックホテルの別名

ブティックホテルは、東京などの都市や、横浜、そして、京都などの地方にまで店舗を広げており、そして、ブティックホテルは特に、東京でも新宿や池袋へと展開を行っている店舗が多くなっています。
一応このブティックホテル、世間的にはラブホテルと呼ばれる名で知られています。
世間には、あまり良い印象を持たせないブティックホテルですけれども、ブティックホテル自体は、訪れる人たちにしっかりと配慮を行ってくれている場合がほとんどとなっています。
例えば、基本的にブティックホテル内では、他の利用者や従業員といった他人と顔を合わせないように配慮されている場合がほとんどです。中に入る時、他人に見られるのを防げるようにと、玄関付近の照明は暗く設定されており、正面もしっかりと目隠しされているので、安心してブティックホテルを楽しめるでしょう。
そしてブティックホテルの客室の特徴としては、ほぼ全ての部屋がダブルとなっています。これはブティックホテルのニーズを考えても妥当なもの、と言えるでしょう。

ブティックホテルの起源とサービス

ブティックホテルは、実際のところ、その起源は江戸時代にまでさかのぼる事が出来るほど、と言われていますこのブティックホテルは江戸時代、出会茶屋という、どことなく現代にも通じるような名で呼ばれていました。
現在ではブティックホテルは東京などの主要都市、東京でも繁華街となっている新宿や池袋にその店舗は非常に多くなっています。

そんなブティックホテルには様々なサービスがあります。まず1日部屋に滞在することもあるため、食事など、ブティックホテルでも、ルームサービスを適用してくれるような場合、マッサージチェアやカラオケ機器、パチンコやスロットマシーンといったものもあります。さらに、ブティックホテルのフロントと各部屋をつないでいるエアシューターを利用することによって、部屋にいながらブティックホテルの会計を済ませることができる場合もあるのです。
ブティックホテルを利用する目的は様々ですが、ホテル側は最大限の配慮を行ってくれているようです。